加護亜依がブログのアメブロで契約解除について発言?

8月25日、元モーニング娘。でタレントの加護亜依は所属していた芸能事務所「アルカンシェル」から契約解除されました。

芸能事務所「アルカンシェル」とは?

芸能事務所「アルカンシェル」とは自転車競技の元世界王者である中野浩一の妻が代表をしている会社です。

アルカンシェルの代表、タレントのNAOMIこと中野尚美は、加護の契約解除を自身のブログで発表しました。

実は加護はアルカンシェルに所属する以前から中野夫妻と親交が深く、2016年1月からアルカンシェルに所属しています。

合意できない点とは?

約3カ月前から、どうしても合意出来ない点があったそうで、加護さんと何度も話し合いを重ねていたとのこと。話し合いの結果、「苦渋の決断」として、24日づけで加護さんとの契約を解除しました。
中野さんは「どうにか加護亜依を以前いた場所に少しは戻せたかな? と思っております」と契約から約3年8カ月の成果をふり返り、「今後は女性として母として『人間力、社会性』を更に学び 大人としての成長を切に願っております」と加護さんへエールを送った。
24日には加護さんと抱き合っている仲睦まじい写真を投稿して、「プライベートでは、変わらず見守って参ります」と伝えています。

感想

この「大人としての成長」を願われているので、まだまだ大人になりきれていない何かが合意できなかった点なのかもしれません。
ネットでは、驚きの声が多いですが、更なる活躍を期待している声も多いです。
自身のアメブロでは、実はこの契約解除について触れていないので、今後の動きに目が離せません。

タイトルとURLをコピーしました