抽象度を合わせて話していますか?

抽象度を合わせて話していますか?

こんにちは、自己啓発家のRyo(りょー)です。

先日、このようなツイートをしました。


皆さんは、抽象度を合わせて誰かと話をしていますか。

これは、話を展開させていくのに非常に重要です。

なんか話が噛み合わないなと思ったらこれを疑ってみてください。

 

例えば、どこかに相手と一緒に食べに行きたいとします。

そこで、何を食べたいかを決めるときにいきなり、

「○○店の親子丼がいい!」と言っていませんか?

 

相手が親しき中で、ある程度よく訪れる店ならいいかもしれませんが、

新しい友人知人、恋人なら驚くかもしれません。

 

そのときは、まず具体的に話すのではなく、

抽象的にどのジャンルが食べたいのかを聞くほうがいいです。

中華なのか、和食なのか、イタリアンなのか…。

 

そして次に、和食ならご飯類か麺類かを決めていきます。

どんどんと具体的になるように話していけば、話はまとまります。

 

今回の事例は、あくまでも食事について話しましたが、

他の分野でも同様だと思います。

 

もしも、話が噛み合っていないなと思うことがあれば、

一度、抽象度を疑ってみてください。では。

 

タイトルとURLをコピーしました